◆7/16(日)開催のセミナー『オーラルフレイルを知ろう!』

増田純一先生より熱いご推薦を頂きました!◆

 

オーラル・フレイルは老人だけの問題ではない!

小児の口腔機能育成にも関連している

 

近年歯科界では「オーラル・フレイル」という考え方で、口腔機能の低下が引き起こす問題を、国民に広く啓発周知させていく運動が増えつつあります。

 

日本歯科医師会でも「8020運動」に加えて、新たな国民運動として発展させていくことを発表しており、これからの歯科界での大きなテーマとなり得るでしょう。

 

さて、このたびHygeiaでは、東京都健康長寿医療センター歯科口腔外科 部長 平野浩彦先生をお招きし、「オーラル・フレイル」についてご登壇いただきます。

 

これに際し、第七回Hygeia勉強会にてご登壇いただきました、マスダ小児矯正歯科院長 増田純一先生より、この勉強会へのご推薦を頂きました!!

 

小児歯科界の重鎮であられる増田先生がなぜ、老人介護に関係する「オーラル・フレイル」なのでしょうか・・・。

 

増田先生は「真のオーラル・フレイル予防とは、高齢者の口腔機能を低下させない取り組みだけでなく、並行して次世代の口腔機能のピークを高めていくことが重要」とお考えなのです。

 

ヒトは基本的にすべての身体機能を小児期に発達させ、約20年でピークヘ。その後は下降線を辿ります。

口腔機能のピークが低ければ、当然衰退し始めるのも早いというわけです。

いかに小児期の口腔機能を高めるかということがオーラル・フレイルを学ぶ上で最も重要なポイントとなることでしょう。

 

ですから増田先生は、今回の勉強会の「介護」や「高齢者歯科」の従事者だけではなく、小児に関わる方から高齢者に関わる方まで、幅広い方々に知っていただきたいとお考えなのです。

 

「機能の獲得と衰退」はほぼ同じルートを辿ります。

小児に関わる方には、小児の機能育成の違いが年齢を重ねるとどうなるのか。

また高齢者に関わる方には、機能の衰えが実は小児時代に何らかの原因があるのではないか。

 

このように双方から学ぶことに意義があると考えています。

 

高齢化社会である現在のケアも急務ですが、現在の子供たちが介護される時代になった時を想定し、「オーラルフレイルを予防する」という観点も是非持っていただきたいと思います。

 

増田純一先生もご推薦の貴重なオーラル・フレイルについて学べる勉強会。

是非皆様のご参加をお待ちしております。


◆2017年7月16日 オーラルフレイルを知ろう!◆

 

オーラルフレイル”という言葉、最近よく耳にしませんか?フレイルとは「虚弱」、身体の様々な機能低下を指す言葉です。この“フレイル”、早期に発見・適切な対応をすることで、進行を食い止めたり、遅らせることが出来ます。健康で自由度の高い生活を送れる時間を守ることができるのです。

本セミナーでは、メインテナンスや歯周治療などの場面で歯科衛生士がフレイルの早期発見ができるよう、午前の講義・午後の実習でオーラルフレイルを深く学びます。

【 講師 】

平野浩彦 先生 (歯科医師)

地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 歯科口腔外科 部長

小原由紀 先生 (歯科衛生士)

東京医科歯科大学 大学院医歯学研究科  口腔健康教育学分野 講師


・日時:2017年7月16日 ㈰ 10:00~15:00
 
場所:福岡県歯科医師会館4階会議室(福岡市中央区大名1丁目12-43)
参加費: DH 5000円 、 Dr 8000円 ◇ランチ付◇
託児完備: 3歳まで1500 4歳から1000円 ◇予約制◇
連絡先: jimukyoku@2015hygeia.com 担当・市丸


 【 平野浩彦 先生   ご
略歴 】

日本大学松戸歯学部卒業 医学博士

平成2年 東京都老人医療センター 歯科口腔外科 研修医

平成3年 国立東京第二病院 口腔外科 研修医

平成4年 東京都老人医療センター 歯科口腔外科主事、

平成14年 同センター医長

(東京都老人医療センター・東京都老人総合研究所の組織編成により

東京都健康長寿医療センターへ名称変更)

平成21年 東京都健康長寿医療センター研究所 専門副部長

平成28年 東京都健康長寿医療センター歯科口腔外科 部長

 

日本老年学会 理事

日本サルコぺニア・フレイル学会 理事

日本応用老年学会 理事

日本老年歯科医学会 常任理事・専門医・指導医

日本大学松戸歯学部 客員教授

東京歯科大学 非常勤講師

昭和大学歯学部 非常勤講師

東京医科歯科大学歯学部 非常勤講師

九州歯科大学歯学部 非常勤講師

 

○興味のあるテーマ

身体加齢変化と口腔機能の関連、認知症の人の摂食・嚥下障害への支援法の確立、地域における効率的な歯科医療提供体制の確立、医療と介護の周辺サービスビジネスモデル構築

 

【主な著書】

・実践!認知症を支える口腔のケア(監修・共著 東京都高齢者研究・福祉振興財団)

・認知症ライフパートナー検定試験応用テキスト(共著 日本認知症コミュニケーション協議会)

・口腔の緩和医療・緩和ケア(編集・共著 永末書店)

・認知症の人の摂食障害 最短トラブルシューティング(共著 医歯薬出版)

・認知症高齢者への食支援と口腔ケア (編著 ワールドプラニング社)

・完全版 介護予防マニュアル (共著 法研)

・実践!オーラルフレイル対応マニュアル(編者 東京都福祉保健財団)

【講師】

平野浩彦 先生

小原由紀  先生