◆2017年5月7日 第9回勉強会◆


こんにちは(o^―^o)事務局の江頭です。
DHスタディグループhygeia第9回勉強会を開催!
GW最終日となる本日、貴重なお休みを「自分磨きの時間に」と意欲的なメンバーが集まってくださいましたよ☆

今回のテーマは…

 

「子育て期に伸びる能力➡時間制約があってもスキルアップできる!」
講師にNPO法人ママワーク研究所の理事長:田中 彩先生にご登壇いただきました。

昨今、歯科衛生士の離職率は約65%と言われています。
同じ医療現場である看護師に比べると、現場復帰が難しい職種となっているようなのです。
かくいう私も、出産後現場から離れている歯科衛生士のひとりです。子育てしながら歯科衛生士としてどう活動すればよいのか模索中ということもあり、とても楽しみにしておりました!

まずはご自身も2児のママであり、結婚・出産を機に「育児」と「仕事」の両立の難しさを経験されたご経験からの今があること。
そして、同じように育児と仕事の両立の難しさに対面し、お仕事を諦めてしまう女性が多い現実を改革したい!との思いから「ママワーク研究所」を設立されたことなどをお話しいただきました。

引き続き、「有能なママたちを社会に繋げたい」という想いのお話。
多くのママたちは「私なんて子育てしかしていなくて…」と謙遜されますが、これからの時代、企業には子育てを経て培ったスキルが不可欠になる時代が来る!と仰られていました。

なんと、子育て期で社会から離れている時間はとても有意義な「スキルを伸ばす時期」なのですΣ(・ω・ノ)ノ!
子育て経験・生活者時間・時間制約があることのすべてが、企業の中でのリーダーシップやマーケティング能力、効率性やチーム連携の向上のために役立つ能力となるということにはオドロキでした。

自身の強みを知るには、まずママであるからこそ培った自分の得意なことや、本来備えていた個性や得意分野を「強み」として気づき、整理します。
そしてその「強み」を今度は、企業向けにアクションできる言葉に変換することも大切だということも教えていただきました。

講演後、個々で自分の「強み」だと感じることを書き出してみましたよ。自分を見つめ直す、よい時間となりました♪

その後は、佐賀で子育て中のママさんたちを支える「オヤモコモ」の山下千春さんより、まぁるい抱っこの辻直美先生と共同開発された
「RACCO&ネドコBAG」のご紹介をしていただいたり、メンバー発表としては、フリーランス歯科衛生士:江頭小百合より「歯科衛生士を活かした意外な働き方」をご紹介。
歯科衛生士として産休中に、子どもと家で過ごしながら何か仕事はできないかと考え、隙間時間でWebライターとして活動を開始。
それからご縁を頂き、歯科記事を執筆することになるまでの経緯や、Webライターをしていたお陰での様々な出会いが、歯科での活動にも繋がっているというお話をさせていただきました。

 

その後はメンバーで自分自身がどんな取り組みをしているのか、またはこれから始めたいと思っていることなどを2人1組になって語り、もう一人が記録する「共感・共有フリートーク」も実施!


自分の目指すものや求めているものを客観視してもらうことで明確となり、それを改めてピジョンとして自分で記録☆その想いの詰まった記録を全員で共有し、フィードバックし合うという有意義な時間を過ごすことが出来ました!!!

GWということもあり参加者は少な目でしたが、とても深く自分と向き合い、メンバーの想いを聴くことでさらに自身を高めることが出来たのではないでしょうか?
終了後もなかなか話が尽きない程、刺激し合った本日のメンバーは目がキラキラ✨イキイキとしていましたよ。

最後になりましたが…本日ご登壇いただきました田中彩先生、参加者の皆様、当日スタッフとして動かれたメンバー。

また、お弁当をご提供くださった「里味」様、GW中にも関わらず主婦である私たちを快く送り出してくれた家族。みなさんに感謝いたします!!!

ありがとうございました(o^―^o)

Hygeia 広報担当 江頭 小百合