◆2016年11月26日  プレゼン西田塾~抄録篇2期生◆


『伝える』を、学ぶ。

 

西田亙先生をお招きして、
【プレゼン西田塾〜抄録篇2期生〜】が行われました。

 

プレゼンをするということは、誰かに何かを伝えるということ。だから、上達するには“話すチカラ”がとても大きくて、その次くらいに“わかりやすいスライドづくり”の技術が必要かな。

そんな風に考えていました。

 

そんなワカッテナイ西依が『歯科衛生士の発信力を強化したい』と企画した、プレゼン西田塾。(西田先生のお力で)奇跡的に凄いセミナーとなりました❗️

 

本当に伝わるプレゼンになるかどうかは、プレゼンで話す以前の、スライドを作る以前の、もっと前に決まっているのです。

今日は、受講生の方の初回セッションで、西田先生とのマンツーマンの対話の中から、プレゼンを作るための“背骨づくり”が行われました。


「私の伝えたい軸はココ。おっきさはこのくらい」
そんな風に、西田先生と(時には参加者も含めた)30分の対話の中から、自分のプレゼンの核になる部分と輪郭をカタチ作っていく受講生のみなさんは、スタート時の硬い表情からどんどんキラキラと笑顔になっていき、『学問ってなんて楽しいんだろう』という空気に包まれる素晴らしい時間となりました。


まさに、西田ワールド炸裂(≧∇≦)

これからどんな風にそれぞれのテーマが深まり、スライドへと落とし込まれていくのか…2ヶ月後が本当に本当に楽しみです(o^^o)